記事一覧
おとといのジーンシャフト
ミール・ロータス@かかずゆみ
「テレ東でやるのはもったいない」なんて以前、アルジュナの初回に書かせて貰ったけど、地上波で出色のCGワークを披露していたサテライトが劇場版エスカフローネの赤根和樹監督をフィーチャーし、スタジオガゼルと組んで、その名の如く静止軌道上から贈る(送る?)SFモノってことで、ネタ的に本領発揮というか数学教師の薄汚い部屋をフルCGで描くのは大いなるリソースの無駄だったと少しは気づいた様子で…愚かな…(藁)
スタジオガゼルもイイ仕事してるんだけど一方で続御先祖賛江なんて抜けないヘタレエロアニメを平然と出し続けるから油断はできないとか、時村尚はデヴァダシーで脚本書いてたんであんな感じに難解気味に推移するかもしれんねと、妙に身構えつつも、俺的には先月OVA2本完結の大島康弘キャラを4月以降も見られるのが素直に嬉しかったりして、わりと期待して見てたんだけど、電波状態が悪かったのかテレシネがイマイチなのか思ったほどシャープな絵が録れてなくて至極残念。ラストのCGなんかクロスカラーのテスト画像そのものだし、デザインレベルでもう少し考えて作って欲しいかも。
作品自体は繰り返し見ないと掴めないという意味で予想通り。つーか冒頭の犬…(;´Д`)ヴァンドレッドもそうだったんだけどこの作品も、ヲタ好みの女性キャラホーダイに作中で明確な理論付けがなされていて、一種のトレンドなのかなと思う一方で、これまで何の疑問を抱かずギャルアニメを平然と受け入れてた俺自身の痛さを知るのであった…(藁
つーか桑島法子声のチビっ娘は大島康弘キャラって感じで良かったんだけど、かかずゆみ柚木涼香の夢に見た最強タッグでもイマイチ火が付かないというか、主役ミカの比嘉久美子やソフィア@甲斐田裕子とサッパリ耳慣れしていない声優がメイン張ってることを考慮しても…ちなみに2人共演技的には特に問題無いっすよ…全体的にキャラ萌えや声優萌え的な要素が前面に出てこないのが意外だったりして、考えてみると、構成上ヒロインのミカ・セイドウ1人を除いて出てくるお姉ちゃん達すべてが遺伝子レベルで優良種という選ばれたエリートで(正確にはミカのDNAの出自もかなり怪しいんだけど…)どうも気後れしてしまうというか、ほら、現実世界でもちょっとおバカ気味な娘のほうが可愛らしくてイイでそ?アレです(藁)つーかアニメの中でもリアルワールドを引きずる俺が痛いんだな…
そういう訳でミカの遺伝子レベルでの不確実性ってのが物語の核になりそう、なんて書いてたらエスカ思い出してきたな(藁
ジーンシャフト | コメント(0) | トラックバック(0)
コメントする









トラックバックURL :
トラックバック

ブログ内検索 スタッフ検索 Google
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2001/04  >>


Mode: ゲストモード
ぶろぐん ゲットネット
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
処理時間 4.176041秒